読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カテゴリー化ってどこかで聞いたことないですか?

ブログにカテゴリーというものがあるということに気付きました。

適当に「日記」カテゴリーを作ってみました。何のひねりもない平凡なカテゴリーですね。なので基本的には「日記」カテゴリーの記事が増えていくのでしょうね。

 

関係ない話なのですが、タブレットとキーボードの接続が悪いせいで、たまにあああああああああああああああああみたいになrrrrrrrrrrrrrrrrrrrっるんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんのがttttttttttttttttっ辛いです。あとバックスペースの効きが悪い。

 

 

記事下 大

 

では本題のカテゴリーの話に戻りましょう。

 

カテゴリー化を聞いたのは学部の授業だった気がします。多分消費者の心理的な何かを探索するときに使った言葉だったと思います。カテゴリーと打つとカテゴリー構造が予測変換に出てくるので、カテゴリー構造を題材にしてレポートのでしょう。全く覚えていない…

 

まあ適当に単位を集めて、適当に勉強してる大学生なんてこんなものなんでしょう。テストが過ぎ、夏が過ぎると何も覚えていない。夏休みなんてほとんど勉強しないですからね。それでも何とかなる私って天才????

 

今期も適当に出席して、ゴミみたいな怪文書レポートを提出して、テストで70点取るくらい勉強して、単位取得運動を前進させます。

ちなみに現在授業中。授業楽しいなあ⁉

 

気付けば、単位的には大学生活が半分すぎてますからね。悲しいですね。

いままで大学生活で何かを成し遂げたか。考えてみると何もない。

 

ということでついに600文字に達したところで、記念すべき第3回目の投稿を終了します。