ワークライフバランス至上主義

ワークライフバランスの裁きを。

なぜ私がPUBGモバイルにハマっているのか考えてみる

PUBGモバイルがiPhoneで先週リリースされましたね。配信初日から毎日やっているんだけれども、とっても楽しいなって。

1週間で2~30時間くらい(?)やってる感じ。普段ゲームはスクフェスデレステ、ガルパといった音ゲーしかやらない僕としては珍しいことですね。

ここ一年はバンドリ!ガールズアンドパーティーをやってます。楽しいからオススメ!

 

 

ということでスマホに限らず音ゲー以外のゲームを真面目にやるのはマジで数年ぶりくらいなんですけれども、PUBGモバイル楽しいね!

前々から実況動画etcでPUBGのプレイ動画を見てました。実況動画で見ると楽しいけど、実際にやってみるとFPS、TPSをできない僕はすぐ殺されて面白くないんだろうなあと思いながら見てました。実際にパソコン版の方やったらすぐに殺されて面白くないのかもしれないけれども。

 

そんな感情を持ちながらも、それなりに話題作だったので、すぐにアンインストールするだろうなあと思いながらダウンロードしました。

そしたら面白いね。

初戦はすべてbot(CPU)らしいんですけれども、それらを蹂躙してドン勝しました。その後も人が中に入ってきたらドン勝できなくなったりしながらも、毎日2~3戦くらいのペースでバトルロワイヤルしてますよ。

 

正直FPSとかTPSをあまり好きじゃない人生を送ってきた僕がなぜPUBGモバイルにハマったのかを考えてみようと思います。

1.チーム戦じゃない。

ソロでやってる限りチームで戦う必要がないというのが僕にとってとても心地よい。

他人に迷惑をかけない、かけられないことって本当に素晴らしい。

 

他の対戦型ゲームって2チームに分かれて戦うみたいなの多いじゃん?

ああいう感じの全く知らない一期一会の人たちと一緒に戦うのってあまり好きじゃない員だよね。何のために一緒に戦ってるのかわからないし、切断するやついたりするし、変な動きをするやつもいたりするし、クソダル環境だよね。5対5とかで一人消えるとチーム間のパワーバランスが崩れたりしてクソッってなるからね。

 

 

ゲームで対人戦が好きな人多いと思うんだけど、僕はゲームの中でまで他人と関わりたくないんだよね。

だからバトルロワイヤル形式のPUBGは勝ちも負けも自分の実力と運次第、他人と関わる必要もない素晴らしいゲームですよ。単調な感じは否めないけどね。

 

2.自分の目標を決められる。

2チームに分かれて戦うゲームだと勝ちか負けしかないので、負けが何回か続くと面白くなくて、辞めたくなったり、イライラしながら暴言を吐きつつゲームするみたいな愚かな状況に陥っている人いますよね。そういう人たちを見ると何が面白くてゲームしてるんだろうと思うんだけどね。

ほとんどの人はドン勝を目標に頑張っていると思うんですけども、僕は10位以内に入れればいいかなあみたいな軽い感じでやってます。

1日に1回は10位以内に入れるんで、そんなにストレスを感じることもなくゲームをできてる感じ、いいっすね~

 

3.得意武器や装備を必ずしも使えるわけではない。

ああいう系のゲームって最強装備みたいなセオリーあるじゃないですか?あれって正直面白くないなって思うんですよ。みんな同じような装備で戦ったら純粋な実力勝負なっちゃうの好きじゃないんだよなあ。もう少し運要素が欲しい。

PUBGのシステムだとゲーム開始序盤は装備に関しては完全に運だと思うんですよ。好きな武器がなかなか揃わなかったり、すぐに揃ったりするのほんとすき。

運要素が強い方が好きなのかも。

ちなみに僕はAKMとmicroUZIが好きです。

 

4.戦わなくてもよい

システム的に最後の一人になるまで戦うわけなので、ぶっちゃけ戦わなくてもいいわけですよ。メタルギアみたいなノリでやってみるのも結構楽しい。

どこから敵が現れるかわからない緊張感、どこに敵がいるのかわからない緊張感、これがたまらないのよ。

接敵した時、敵を倒したときの高揚感は日常生活で感じられないレベル。アドレナリン全開った感じ。

 

ただ、PUBGのシステムは面白いと思うんですけども、マップが少ない、やることが毎回同じという2つのデメリットがあるので割とすぐ飽きそうだなとは思いますね。