ワークライフバランス至上主義

ワークライフバランスの裁きを。

2018年!今年の目標!

年が明けましたね。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、2018年(平成30年)です。干支は戌年らしいですね。ということは去年は酉年?
新年らしく今年の目標を宣言していきましょう。

 

①読書!!!
スマホいじってる時間を減らして本を読む!!
去年は下半期あたりから結構本を読むようになりましたね。特に親知らずを抜いて、回復した10月の中盤くらいから音読と黙読の両方で本を読む時間が増えたと思います。
読書記録をつけていないのであまり覚えていませんが、10月から10〜15冊くらい読んだと思います。新書とか薄いのも結構あったので冊数は増えますね。

 

2017年は小説よりも専門書に近い内容の本を読んだ1年でした。本を読むようになって気がついたことは電車内や外ではKindleで、家では紙でというスタイルが一番落ち着くというのが昨年の発見です。
今年も読書の時間をしっかりと確保していきたいです。スマホいじってる時間を読書に充てるようにするのが地味に今年の一番の目標ですかね。

 

2018年1月現在、なぜ日本は無謀な戦争に向かっていったのかという疑問を日本軍の意思決定プロセス、組織構造の中から解き明かしていくということに興味があります。なのでその関係の本を読んでいきたいです。米軍の組織とか防衛経済学とかいう面白そうな学問もあるらしいので、そちらの方も読んでみたいなと思ってます。ただ英語の文献が多そうなんですよね…

 

経済学の本も読んでおきたいです。特に経済史ですね。あとはミクロ、マクロ経済学関係でしょうか。概要だけでいいのでその辺の知識を仕入れておきたいです。経済学関係の本を数学があまりできないので、理解するのに時間がかかるのが難点です。微分積分だけができれば経済学はなんとかなるのか??

 

専門書以外の本では小説を読みたいです。ラノベ、日本、海外、新書、古典問わず様々なジャンルの小説を読んで物語のインプットを増やしたいと思ってます。この辺は大学の図書館に置いてなかったり、地元の図書館だと借りられてたりすることが多いので自分で買うことになる気がします。

 

古本で買うか電子書籍で買うかですね。電子書籍はどこでも読めますが、案外安くないので…
紙で買った方が安心感はありますよね。保管場所が無限にあると仮定した場合の話ですけど。

 

②英語!!
現在TOEICの最高スコアが725点なんですね。これを800点くらいまでになったらいいなと思ってます。ただスコアにこだわる英語テストマシーンになりたいわけではないので、就活が終わったらTOEICのスコアに関してはあまりこだわりません。
ペーパーテストよりも実践的な英語力を身に付けたいです。いわゆる4技能を伸ばしたいです。

 

スピーキング、リスニングで言えば簡単な意思疎通を英語で難なくこなせるレベルになりたいと思ってます。漠然とした目標ですが、もっと詳細に言うと、多少下手な英語でも配慮してくれる人となら会話できるレベルになりたいです。

 

ライティングは…………
あまり英語で文章を書く機会がないというのが問題ですね。スピーキングができればライティングもできるっしょ(適当)英語でブログでも書きますかあ。

 

リーディングは多読を進めていきたいです。今は学習者用リーダーでレベル4くらいの本を読んでるので年内にはレベル6くらいの本を難なく読めるようになれればいいなという感じです。あとは専門的な本も読めるように慣れたら嬉しいですね。
今年は英語の年にしたいと思います。

 

③アニメ、マンガ!!

僕の周りだけなのかもしれないですけど、アニメ、マンガってコミュニケーションツールとして割と有用だと思うんですよ。アニメ、マンガ好きな人って日本人、外国人問わず多いですから。特に英語学習の一環として日本好きの外国人と話す時のトピックの1つとして優秀な気がするので幅広いジャンルのアニメを見ておきたいですね。
オススメがあれば教えてください。

 

④運動
大学生になってからあまり運動をしなくなった結果、代謝が減ってる気がするんですよ。疲れやすくなって、食欲が減ったという感じです。
筋トレかジョギングかどっちにするかは分かりませんけど、軽めの運動を継続していきたいです。

 

⑤就活⤵︎⤵︎
今年は僕にとって就活の年なんですねえ。したくないですねえ。でも就職しなきゃいけないので頑張ります。
文系ですけど、メーカーに就職したいなというのが今の願望ですね。できれば海に関わる仕事が良いです。BtoBメーカーに行きたいです!ものづくりに関わって生きていきたいですね。メーカーがダメならITかなと言った感じです。
正直就活に関してはやる気がないですね。エリート願望がないと言えるのでしょうか。ワークライフバランス重視なので給料低くても良いから休みが多く残業のない会社で働きたいです。そういう素晴らしいホワイト企業を知っていたら教えてください。

 

微妙に今年の目標からずれている気もしますが、こんな感じでした。
簡潔にまとめると
①読書
②英語
③アニメ
④運動
⑤就活
ですね!

写真付きの本人確認書類が欲しいから運転免許が欲しいって話

自動車を買わないどころか運転免許を持っていない人も割といるらしいですね。
僕も運転免許を持っていない人の1人です。大学生の間に取ろうと思ってるのですが、別に車に乗る気も必要もないので、取るモチベがないというのが現状です。

 

ぶっちゃけ東京に住んでいれば、車に乗る機会なんてほとんどないですからね。年に何回かバスに乗るくらいです。

 

だから、免許を取るなら就活が終わったらかな〜
来年の夏〜秋の間でしょうかね。

 

でも、最近写真付きの本人確認書類が必要だから、運転免許証が欲しいときがたまにあるんですよね。

 

2016年から法律が変わったみたいなんですが、それ以前は学費を銀行で払うときには銀行口座がない場合、本人確認書類が必要だった気がしますね。必ずしも写真付きである必要はないのですけど、保健証と何かもう1つ書類が必要というパターンです。その辺の事情をよく知らなくて1回家に帰る羽目になった記憶があります。

 

最近だと格安SIMの契約ですね。クレジットカードなしで契約できるLINEモバイルにしたんですけど、本人確認書類が必要なことをよく読んでなかったんですね。

写真付きの本人確認書類ならそれだけで済むのですが、そんなの持ってないので、健康保険証ともう1つの本人確認書類を用意しなければならなかったんです。わざわざ雨の中住民票を取りに行きました。

 

仮想通貨の取引口座を作ってみようと思ったら、写真付きの本人確認書類が必要みたいで無理でした。億万長者の夢は最初の一歩で躓きました。

 

写真付きの身分証明書なら一応学生証があるんですけどね。公的機関が発行しているものではないので、法律で定められた(?)本人確認には使えないですね。学生証は学割とかTOEICの本人確認にだけ使ってますね。

 

運転免許証以外にもいろいろな写真付きの本人確認書類があるみたいですけど、、、

パスポートが一番簡単ですかね?マイナンバーカードは発行までに1ヶ月くらいかかるらしいんでめんどいっすね。

 

これからも写真付きの本人確認書類が必要なことが増えると思うんでさっさと作っておきたいです。

原付の免許を取るのが一番簡単なのかな?
でも、原付なんて絶対に乗らないです。大学2年の時に運転免許を取っておくのが一番賢かったと思う大学3年の冬です。

 

マイナンバーカードは即日発行できない限り普及しないゾ
作った奴は無能かあ?????

 

就活について考えていることを書いてみる。

現在大学3年生。単位は順調なのでおそらく2019年卒になるでしょう。なので就活は来年になりますね。経団連のスケジュール的には就活は3月解禁でしたっけ?
とにかく秋学期が終わったら就活を始めなければなりませんね。

 

就活に本気の人であればもうとっくに動いてるのかもしれませんが、僕はそこまで本気になれないですね。大企業に勤めてエリートになる気は無いですし。そもそもエリートになれるほどの学歴もなさそうですし。

 

最近の僕の働き方に対する考え方として中心に据えているのはワークライフバランス重視ということです。
残業はほぼ0。年間休日は120日以上。給料は手取りで15万くらい欲しいですね。手取り15万くらいあればそれなりの生活ができると思うので。

 

昔の社畜日本人のように朝から晩まで会社に全てを奉仕するというような奴隷的労働はしたくないです。絶対に。

あれは人間の正しい生き方ではないです。

 

業界については正直忙しい業界でなければどこでもいいです。やりたい仕事はないです。ただせっかく大学を卒業した学士となるのでホワイトカラーの職がいいですね。でも仕事だけの人生ではないので仕事は仕事、プライベートはプライベートで分けた方が良いと思います。定時の労働こそがQOLの充実につながると今は思ってます。

働かないという生活がもっとも充実してるのかもしれませんが、それは理想論ですし、働かないと人生にメリハリがつかなくなりますからね。実際大学やバイトがないと暇すぎて逆にQOLの低下を感じる時があります。ある程度の拘束は自由の喜びを得るために重要です。

勤務地は割と気にしてません。日本なら上下水道、電気、インターネットがあって宅配便が来るところならどこでもいいです。
海外でも同じ条件です。虫が出ない方が良いですね。できれば先進国に住みたいです。

ということでいま就活について考えたことを書いてみました。

消費されるだけの娯楽や飲み会が無駄に感じる。

消費されるだけの娯楽や飲み会って無駄じゃないですか?

消費されるだけの娯楽とはレジャー施設(遊園地、カラオケなど)です。

例えば、遊園地に行った人は帰宅してからどのように感じるのでしょうか。
僕はただ「楽しかった」という経験のみが金銭と時間を消費して得られるものだと思うんですよ。

その「楽しかった」という経験で得られるものは人によって2パターンあると思います。
1つ目はその1日がストレス解消になって、また仕事や学業を頑張ろうとなる。
2つ目はただ疲れが溜まってしまって、「楽しかったけど、疲れたな。」みたいな感じになる人です。

パターン①はいわゆる外向的な人、リア充、陽キャという奴ですね。社会で幅を利かせてる奴らです。

パターン②は内向的な人、陰キャという奴ですね。社会の陰で慎ましく生きている奴らです。

社会ではパターン①の人の方が多数派らしいです。

少数派に属する僕としては遊園地やカラオケ、飲み会等に行った後、必ず「疲労」>「得たもの」になるんですよね。
1人で行くよりも多人数で行くとさらに疲労が増えます。

得たものも「楽しかった」という微妙な満足感だけです。明らかに金銭的なコストに見合ってません。時間も無駄ですよね。機会費用高杉って感じです。
ディズニーとか行けばそれなりに楽しいけど、入場料高過ぎですよね。7400円ですってよ。
7400円あればゲームなら1〜2本、本なら10冊くらい買えますよ。1ヶ月は楽しめますね。

話逸れますけど、ディズニー高いですね。入場料を調べてビビりました。なんであんな高いのにみんな行きたがるんでしょうかね?頭悪いんですかね?

ぶっちゃけ家で1人で本を読んだり、アニメでも見てた方が疲労も少ないし、得るものもただ遊んでるだけよりは多い気がするので、最終的な満足感は高いです。

結局、遊園地に行きたくない理由みたいになっちゃいましたね。
とある陰キャのひきこもりたい理論です。

飲み会についてはたくさんディスりたいことがあるのでまた別の機会に書こうと思います。

ただ、僕が言いたいことはアルコールは害悪であり、人々を堕落させ、社会を腐敗させるということです。

飲み会という悪習は個人や社会に対して何も利益をもたらさないと僕は言いたい。

ぶっちゃけ酒に金払うより、食事に金かけた方が楽しいよ。そのことにみんな気付こうね。とくに酒を飲み始めた大学生とか。

 

教育困難大学の学生って中学生以下なの?


教育困難大学が話題になってますね。

 

toyokeizai.net

 

この記事を読むと本当に大学で起こっていることなのかと疑ってしまいます。

本当に大学生が教員に暴力を振るうなんてことあるんですかね?

影で「あのハゲ」とか「クソジジイ」とか言ってるならまだ分かりますけど……

教員に暴力を振るうなんて中学生でもやらないと思うんですけど、文化の違いですかね?

僕は普通のその辺にある公立中学校に通ってました。正直に言って治安の良い学校ではなかったと思います。DQNが普通に存在する世界ですから。
高校偏差値55くらいだった僕でも中学の中では上位30%に入るくらいだったと思うので、半分以上が偏差値50未満の高校に進学したんでしょうね。中学卒業してからほとんど交流がないので詳しくは知りませんけども。

でも、そんなデンジャラスな環境であっても教師に対する暴力はなかったはずです。イジメやケンカ等の暴力沙汰はあったと思いますけどね。
トイレの天井が破壊されて学年集会が行われたこともあったはずです。教員に対する暴力に比べれば大したですけど。

もしかして教育困難校では教員への暴力が日常的なのかもしれません。
博多の高校で生徒が教師に暴力を振るう動画が最近話題になっていました。

僕はあの動画を初めて見たとき、信じられませんでした。
高校偏差値調べたらあっ(察し)となりましたけど。

教員に暴力を振るう彼らは中学生で成長が止まってしまったのでしょうか。

そもそも彼らの頭は中学生にすらなれなかったのかもしれません。悲しいですね。

 

教育困難大学では暴力が普通の世界で生きてきたのかもしれません。

 

彼らは恐らく教育困難校に近い高校から大学に進学していると思います。

教育困難高校の文化が大学に持ち込まれるのでしょうね。高等教育になればなるほど、頭脳の多様性が少なくなると思います。頭の良い人は頭の良い人と頭の悪い人は頭の悪い人たちで教育集められますよね。

 

どうしても教育困難大学の実情を理解できない人がいると思います。

 

教育困難大学生はどんな暮らしをしているのでしょうか。

 ここからは僕の偏見です。

ろくに受験勉強もせずに大学に入る。しかも奨学金を借りてまで進学する。

彼ら教育困難大学生はろくに勉強もせずに学士になる。でも大学で何も身につけてないので、大学を出たのに高卒でも就職できるような仕事に就く。そして貧困に陥る。悲しいスパイラルです。

 

 中学、高校で教育困難校が生まれるのは分かります。大学全入時代になったと言われますが、まさか「教育困難大学」が存在するとは思いませんでした。そのうち教育困難大学院が出てきたりするんですかね?

教育困難修士とか生まれてきたら笑っちゃいますね。

 

ただ僕が思うこととして、教員に暴力を振るうという選択肢を持つ人とは関わることのない人生を送りたいものです。


終電を早くすることで国難突破理論

電車通勤・通学をしていると電車の時間に縛られて生活することになります。
特に終電までには帰るという人が多いですね。タクシーで帰るというブルジョワジーの方は別ですけど。

住んでる場所によりますが、都市部なら終電は23:00〜1:00の間という人が多いのではないでしょうか。遅いですよね。


終電を0:00として家まで30分とすると帰宅が0:30となってしまいます。

 

これって良くないことだと思うんですよ。

 

1人が深夜に帰宅すると、それ以上の人々が深夜までの労働を強いられることになるのです。

終電まで客が飲んで帰宅する場合は居酒屋や料理店の店員が深夜まで働かなければなりません。駅員や運転手も働かなければなりませんね。

 

終電まで働かされるブラック企業の場合も同じことです。深夜まで働かされる対象が自分になるだけです。

 

深夜まで働かなければいけないのは人間の生き方として正しいのでしょうか?

 

正しくないですよね。夜は早く寝るべきです。

 

そこで僕は終電を22:00にすることを提案します。

 

終電を22:00にすれば多くの人が23:00までには帰宅できるでしょう。

まず鉄道会社で働いてる人の労働時間が短くなり、深夜の労働から解放されるのではないでしょうか。
終電から翌日の始発までの時間が長くなることで、鉄道を整備できる時間が長くなることでより安全な運行が可能になるのではないかと思います。

 

22:00までに客が帰ることにより飲食店の労働者が働く時間が短くなるでしょう。21:30までには閉店して帰路につくことができるのではないでしょうか。

終電まで働かせられるホワイトカラーも勤務時間が1日あたり2時間は労働時間が減るはずです。

 

22:00までに閉店すれば、時給の上がる深夜の労働が減るので経営者側からしてもコストの削減ができるはずです。

売上も多少は減ると思います。しかし、深夜帯の営業は客数が少ないので売上が他の時間と比べて少なく、従業員のコストが高いので利益が少なくなりがちです。
深夜帯の営業を辞めれば利益は増えるのではないでしょうか。

 

最近ではレストランチェーンや一部コンビニエンスストアでは24時間営業を取り止める動きが出てます。やはり深夜帯の営業は経営者にも労働者にも利益をもたらさないのでしょう。

深夜も操業しなければならない職業(工場やインフラ関係、宿泊施設など?)で働いてる人は終電の時間はあまり関係ないですね

 

さて、ここまでは終電が早くなることにより長時間労働が是正される可能性について書いてみました。

他にも日本が抱える問題を終電を早めることで解決できるのではないかと考えています。

特に少子化を食い止めることが可能になる可能性があると思います。

 

終電が早くなり、家に早く帰ることができれば夫婦の時間が増えるはずです。夫婦の時間増えれば子供を作る行為の回数が増える可能性があるわけです。そうすれば子供が増えるはずです。やればできるものはやらないとできないですからね。

 

結婚してない人であっても、「終電なくなっちゃったね💕」が起こりやすくなることにより、男女の関係がより深まることにより婚姻数が増えるのではないかと思います。子供ができて結婚ということもあるかもしれないですね。


しかし、深夜労働が減ることで少し問題があるかもしれません。
深夜労働が減れば給料が下がり、それが子供を作ることに影響を与えるかもしれません。
それは例えば教育の無償化や医療の無償化など子育て支援の政策で解決できるはずです。

サービス残業や飲食店で飲んでる場合は給料の話は関係ないですね。

 

さらに早く帰ることによって、早く寝ることができて、十分な睡眠時間が取れるようになれば人々は健康になるのではないでしょうか。

終電帰り始発出勤だとしても、6時間くらいは寝られるようになるのではないでしょうか。

 

人々が健康になれば、医療費が減るはずです。長時間労働からの解放は身体的健康だけでなく、精神的健康にも良い影響があるはずです。

 

 

結論として、終電を22:00(もっと早くても良いけど)にすれば国難をいくつか解決できるはずということです。