ワークライフバランス至上主義

ワークライフバランスの裁きを。

社会が求める人格を演じることができない。

現在就活中、適当に書いたESは通るけど、適当に受ける面接は通らない。

 

ESなんてただの学歴フィルター。はっきりわかんだね。

面接が通らない原因もなんとなくわかる。志望動機が適当だから。適当に御社の高い技術が~とか製品が~とかいってるけど実際御社の製品について全く知らないし、ビジネスモデルもよく知らないで面接に挑んでる。こんなノリで書くESは受かるのに面接は通らない。やっぱES読んでないやろ?ていうかESに志望動機書いてあるんだから、面接で聞くなよ。志望動機なんて暗記してないんだよおお。

 

だいたいその会社で40年間働くかわからんからなあ。5年くらいしか働かない可能性もあるし、そう考えると適当なところで就活を切り上げた方がいいのかも。でも、大手の方が転職しやすいとも聞くし。う~ん

 

志望動機が適当になる理由もわかってはいるんだよなあ。

そもそもサラリーマンになりたくないからでしょ。毎日奴隷船に揺られながら会社に行って、会社のために働く、働いて得た利益は全て自分のものになるわけじゃない。しかも毎日9時間は拘束される。年間2000時間以上は御社のためにつかわなければならない現実。サラリーマンになりたいと思って就活してるはずなのにサラリーマンになりたくないって矛盾してるよね。

あとは仕事内容とか全く興味がないからかな。適当に営業志望してるけど、管理系でも調達系でもなんでもええわ。どうせ仕事としてルーチンワークをこなすだけになると思うし。

 

サラリーマンになりたくないといっても働くことが嫌なわけではないんだよなあ。自由が奪われるのが嫌なだけで。労働で稼ぐのは自分でビジネスを運営するより楽な気がするし。コスパとしては悪くないはず。でもサラリーマンになりたくない。

でも、起業やフリーランスとして金を稼ぐには才能と努力が足りてないんだよなあ。新しいビジネスを思いつくこともないし、探そうともしてないからなあ。

 

世間一般の人はサラリーマンになりたいと思って就活してるんだろうか?わざわざ髪を短くして個性を捨てつつ、就活用の話し方してるやつも結構見るから、みんな就職したいんだろうね。そのために就活生を演じてるんでしょう。

 

とりあえず企業研究を真面目にやってできる限り快活な青年を演じてみますかね。

ただ、社会が求める人格を演じるのって難しいんだよなあ。就活生のスタイルで就活生の話し方するのってキモいし。企業に媚を売ってる感あるじゃん?だいたい学生時代に頑張ったことなんてないんだよおお。すべての大学生が海外旅行に行けると思うなよおおおおおおおお。金があったら学費にぶち込んでるんじゃ。海外旅行に行かない人間は海外で働くことを希望してはいけないんですかあああ?チャレンジ精神のある人材を求めてますとか言ってるくせによおお。

ぶっちゃけ知らない人の前で自分語りするとかだるいよな。僕はあなたに興味ないし、たぶんあなたも僕に興味ない。だって仕事でやってるだけでしょ?

 

とりあえずいままでES通過したところは頑張りますわ。できれば全落ちして合法的に留年したいところやな。

 

 

就活のために手帳買ったけど全然使ってない件について

お題「手帳」

就活生と言えば黒髪、真っ黒のリクルートスーツにびっしり書き込まれた黒い就活手帳のイメージがありますよね。

 

 

 

 

僕も手帳を買いました。1300円くらいで。今Amazonで見たら600円くらいになってますね… 

さて、購入前は手帳にびっしりと説明会や面接の予定を書き込んでいくと思っていたのですが、実際はほとんど書き込んでいません。

 

理由としては

・そもそも予定がたいして入ってない。

・エクセルのアプリで予定を管理している

以上の2点があげられます。

 

「そもそも予定がたいして入ってない。」

3月は週4くらい説明会が入っていたのですが、4月に入ってからは週2くらいしか就活の予定がないので、たいして書き込むことがないという状況になっています。

説明会ダブルヘッダーも1~2しかなかったので1日の予定が真っ黒になる日はほぼありませんでした。時間単位のスケジュールのページはほぼ使ってないですね。

 

「エクセルのアプリで予定を管理している」

スマートフォンまたはパソコンを使って、企業の採用ホームページかマイナビリクナビを通して説明会や面接を予約することがほとんどだと思います。予約した後にわざわざ鞄の中から手帳を引っ張り出して書き込むよりもエクセルを開いて予定を入力したほうが楽であるということです。

また、One Driveのようなクラウドにエクセルファイルを保存しておけば、予定を確認するときもパソコン、スマートフォン問わず(電波さえつながれば)どこからでも確認できるので便利です。

 

もともと手帳を使ってスケジュールを管理するという習慣がなかったというのも手帳を使わない一つの理由なのかもしれません。

 

社会人になるまでにアナログでもデジタルでも自分にあったスケジュール管理法を見つけて、しっかりと自分の予定を管理できるようになりたいですね。

奨学金を借りている大学生が奨学金破産のニュースを見て思ったこと

www.asahi.com

 

奨学金破産が流行っているみたいですね。僕も奨学金を借りているので、他人ごとではないです。第1種(無利子)ですけどね。このニュースを見ると怖いですよね。

 

返せないから自己破産よりは抜け道を探す方が良いと僕は思いますよ。○○に○○すると奨学金の返済を猶予できるらしいので、僕はその制度を利用して踏み倒そうかなと思っています。

 

というか奨学金返済の費用(月2万円くらい?)を長期分散型の投資に回せばそこそこ利益が出るんじゃないかとも思っています。僕の場合は無利子ですからね。1万円でも増えれば勝ちですよ。それから返せばいいんです。

 

さて、上記のニュースについて思ったことを書いていきましょう。

不思議に思う点として

①なぜ800万円も借りたのか?

②大学でかかる1年間の費用は自宅・私立生で177万円

この2点です。

 

まず①について思うことから書いていきましょう。

800万円借りるってとても勇気のある行動だと思いませんか?僕なら怖くて無理です。いくら低利率だからといっても800万円を20年で返すのはなかなか厳しいと思います。

月4万円、年間50万円を返すのは普通の企業に就職したら返せないと借りるときに思いませんか?起業して億万長者になるとか宝くじを当てるとかそういうビジョンを持っているなら別ですけどね。

学費は4年で400万円くらいですから借りる額もそのくらいにしておくのが良かったのではないでしょうか。そうすれば負担も半分ですから。

 

日本学生支援機構奨学金は借金であるから借り過ぎるのは良くないという自覚を持っておくべきです。

 

②について

「大学でかかる1年間の費用は自宅・私立生で177万円」とのことですが、そんなにかかりますかね?

僕はおよそ130万円くらいで生活しています。学費90万、生活費月額3万5千円で年間42万円という所ですかね。夏休み、冬休みはそこまでお金を使わないので実際の生活費は年間40万くらいです。

 

週2のバイトで月1万円くらい貯金ができるくらいの生活をしています。

 

学費の中に教科書代が含まれてないじゃないかと言われるかもしれませんが、教科書は基本的に買いません。だってテスト前にしか読まないでしょ?

だから教科書は最低限で済ませます。中古で買うか先輩、同期、後輩に貰うのが基本です。必要のない教科書は買わない。必要そうであれば買う前に図書館で借りて、本当に買う必要があるのかを調べることが必要です。ゴミみたいな本に3000円も払っていたらお金が無くなっちゃいますから。

 

私立文系の学生なら年間150万円くらいに収まるのではないでしょうか。私立理系、医学部に通っていれば年間200万円を超えるのかもしれませんね。

 

ちなみに僕の場合、学費の2/3くらいを自分で払っていて、残りは親に払ってもらっています。学費を全負担してないのでそれなりに恵まれているのではないでしょうか。国公立なら全額払えますね。

 

①、②の疑問から考えてみたことは以上です。

 

①、②について考えてみたことからすると、学費は4年間で400万円、生活費が200万円です。4年間で600万円ですね。800万円も借りる意味が分かりません。

月5万円のバイトを4年間やれば240万円稼げるので、奨学金は400万円くらいでも足りたのではないかと思います。

800万円借りたところで200万くらいは余ったと思うのですが、どうなんでしょう?

 

以上の僕の考えはサークル活動とか留学とかはしない前提ですけどね。

金がないならサークルはあきらめるしかありません。あれは金持ち坊ちゃんの余暇です。貧乏人は諦めてバイトしましょう。

留学に行きたいなら無料で行けるくらい勉強を頑張るか、お金を稼ぎましょう。

 

 

ただ、大学生という立場から大学生にかかる費用を考えると、大学の学費は高いですよね。せめて半分くらいにして欲しいです。Fラン大学潰せば学費半分になりますか?

 

大学生は勉強しろと文科省さまはおっしゃっているようですが、学費とか生活費のためにバイトをしなければならないことを考えると、そこまで勉強する時間を取れないのが現実ではないでしょうか。

文科省や政府は「金は出さないのに口は出す」スポーツチームのクソオーナーのようです。

 

そんな政府が治める国の若者に明るい未来はないでしょうね。

SPIの当日の流れinテストセンター

 

 

 

就活の筆記試験と言えば

SPIですよね。

先日、SPIを初めて受験してきました。当日少し受験に手間取ったので、気付いたことをメモ代わりに書いていきます。

 

・当日の持ち物

受験票、本人確認書類

 

・受験票

受験の申し込みのときにプリンタで受験票を印刷するか、スマホに受験票の内容をスクショorメモするかを選べます。

僕は家にプリンタがなかったのでスマホにスクショして挑みました。受付の近くに受験票を印刷してない人のための用紙があるので、それに必要事項を記入しました。

僕が会場に着いたときは人が少なかったので、スムーズに記入できました。

ただ、受験者が増えると、記入に時間がかかる可能性があるので受験票を印刷してない方は早めに行った方がいいと思います。

 

・本人確認書類

本人確認書類はSPIのホームページに書いてあるものを持っていきましょう。ほとんどの人は運転免許証か学生証だと思います。

僕は学生証を持っていきました。しかし、写真が薄かったらしく、少し時間がかかりました。ちなみにTOEICなど他の試験で写真が薄いと言われたことはありません。写真による本人確認に関しては厳しめなのかもしれません。免許証の顔と就活の顔が違う人は気を付けた方がいいかもしれませんね。

次回からは学生証を新しくするか、他の本人確認書類を持っていくしかなさそうです。

 

・荷物

試験の教室(?)には何も持ち込めません。携帯はもちろん、腕時計、筆記用具さえも持ち込めません。すべて部屋の前のロッカーに保管します。ポケットの中も空にしておかなければなりません。僕はポケットの中にティッシュとか入れてたので、すべて取り出すのがめんどくさかったです。事前に持ち物は最低限にしておきましょう。

僕が受けた会場では適当に近くのロッカーを使うのではなく、指定されたエリアのロッカーを使う方式でした。適当に近くのロッカーを使ったら注意されたので、ちゃんと受付の人の話を聞きましょう。

 

・本番

受験するパソコンを指定され、受験します。パソコンの前に座って、必要事項を入力したらスタートです。教室で一斉スタートするのかと思ったら、受け付け次第スタートでした。受付後は待ち時間0ですね。筆記用具は机の上に置いてあります。

 

机の上に受験の注意が書いてあるので読んでおきましょう。

 

ちなみにテストの内容をネットに書き込むのはアウトです。

当日の流れを書くのもアウトかもしれないですね。アウトだったら消しておきます。

 

パソコンを使った試験は初めてだったので少し戸惑いました(小並感)。

 

・終了後

終わったら荷物を回収して帰宅です。特に受付とかはないと思います。メールとかもいまのところ来てないですね。

株式投資、始めます!

昨日、日経平均が急落しましたね。なので、株式投資を始めることにしました。

 

というのは嘘で、たまたま株をやってみようと思ってた時に日経平均が急落しただけなんですけど。

 

基本的にインデックス型と呼ばれる投資法を採用していきます。

インデックス型とは幅広い株を買うことによってリスクを分散する感じですね。1つの株に全部投資すると、その株が値上がりすれば大儲けできますが、値下がりすると大損してしまいますね。でも株を20種類買うと、20個の株の中で1つの株が暴落しても、他に5個の株が上昇、5個の株が下落、9個の株が変化なしであれば立ち直れないほどの損を避けることができるという考え方です。なので大儲けはできなさそうですね。

インデックス型の投資対象はインデックスファンドと呼ばれるファンドです。

僕はインデックスファンドを積み立てていくことを基本路線とします。なので、1年で10倍!みたいなことはないです。
インデックスファンドとは市場平均に連動するような運用を目指すファンドです。
日経平均の値動きと同じ動きをするような感じですかね。


積み立てというのは1ヶ月1万円のように自分で投資する間隔を決めます。その自分のルールにしたがって機械的に投資をしていきます。株価が上昇していても、下落していても関係ありません。何も考えずに買い続けます。
なので株価が高い時には購入する株の数が少なく、株価が安い時は多くなります。なので、株の購入コストは平準化されます。
ドルコスト平均法と呼ばれる考え方ですね。

 

こんな感じで長期、分散投資を基本路線としていきたいと思います。

 

つみたてNISAという制度を使うと年間40万円まで投資額にかかる運用益が非課税になるのでそれを利用していく予定です。まだつみたてNISAの口座が開設されてないので、これからですね。

 

 

ちなみに反対はアクティブ型というらしいです。アクティブ型は自分の持ってる株を積極的に売買して利益を出していく形みたいですね。

 

ウォール街のランダムウォーカー」という本によるとインデックス型の投資は長い目(10年、20年スパン)で見ると儲かる可能性が高いみたいです。


ただ今日はデイトレードという1日で株の取引を繰り返して利益を狙うという方法をやってみました。アクティブ型の運用ですね。
立ち直れないほどの損をしたくないので、あくまで遊びでできる程度の投資(投機)しかしない予定です。

 

あくまで証券取引の勉強の範囲です。

 

証券口座に1万円を入れて、それを元手に買える株を何個か買ってみました。

 

株式投資に興味を持つまで知らなかったんですけど、株はだいたい100株から売買されてるんですね。だから1万円だと1株100円以下の株しか買えないのです。ちなみに安い株とことを低位株っていうらしいです。そのなかでも100円以下の株をボロ株とかいうみたいですね。

 

このボロ株、初心者は手を出すべきではないみたいです。なぜなら値動きが激しかったり、なんらかの理由があって安くなっている可能性があるからです。
でも、そんなことを知らずに手を出してしまいましたね。

 

今日は適当に3つ株を買いました。買った株の1つが1円上がったのでそれだけ売りました。1円×100株で100円の儲けです。他は2つとも値動きなし。
この2つは明日値上がりすることを祈ってます。

 

結果としては100円の儲けでした。

 

ただ、特定口座という形で証券会社側が源泉徴収と納税を済ませてくれるものを使用しているので利益から税金分20円が引かれています。なので今日の儲けは80円ですね。


正直言って年間20万円以上も稼ぐとは思えないので、特定口座にする必要はないと思いますが、まだ税金関連の勉強をしていないので、楽そうな特定口座にしてあります。

 

1万円だと選択肢が少なすぎるので5万円くらいはデイトレード用に使ってみたいと思ってます。

 

趣味だと思えば5万円くらいならたいしたことない出費ですからね。PS4とソフト2本買ったとか飲み会を毎月やったとか思えば良いのです。

 

今日は10000円から10080円になりました。

 

最初の目標は「投資でお金を10%増やすこと」としておきます。

就活には二重思考が必要なんじゃないかという話【イングソック式就活】

3月に向けて就活の準備をしている人が多いですね。自己分析、業界研究、企業研究、面接対策エトセトラ。

一部の優秀な人にはもう内定が出ているとか、そんな話も聞きます。

 

 

正直に言うと、就職活動ってめんどくさいです。みんな同じような格好、髪型をして同じようなことを面接で話す。企業は個性を求めているはずなのに、就活生は自己を滅却していくスタイルになる。矛盾してません?

 

 

そもそも働きたくない人の方が多いと思うんですよ。僕も働きたくない人の中の1人です。僕はできることならニートしていたい。
でも、働かなきゃ生きていけないから働きます。フリーランスで生きていくスキルも才能もないので、どこかの企業に就職することになるでしょう。


就職するにあたって、企業は志望動機と熱意を要求してくるみたいです。
ぶっちゃけそんなものはないです。企業なんて労働条件が似たようなところであればどこでもいいですし、御社への熱意なんてないです。


仕事への熱意があったら就職しないで自分で稼ぐ方法見つけてるわ!

企業に就職したところで年収2000万くらいが上限ですからね。金を稼ぎたい奴は就職なんてしなさそうですよね。

つまり就職という選択をするということは、そこまで仕事への熱意があるというわけではないと思うんですよ。

実際はやる気なんてないのに、志望動機も熱意も満載なオーラを出す。矛盾してません?

 

学生時代に力をいれたこと、通称ガクチカを企業は面接で要求してくるみたいです。ぶっちゃけ学生時代に力をいれたことなんてないですね。
ほとんどの人がバイト、サークル、学業のどれかから適当なエピソードを作りだすのでしょう。

 

人生で直面した困難を乗り越え、そこから得た経験なんてものを聞いてくる企業もあるみたいです。
頭おかしいんちゃうか?
たかだか22歳前後の学生がそんな経験あるわけないやろ?困難にぶち当たるような行動力のある奴はお前の企業なんて行かんわ。
そもそも普通に学生やってて困難にぶち当たるって無能じゃね?
困難はできる限り回避するのが正しい生き方やろ?
だけど、企業は求めてくる。だから学生は困難に直面したことにして、適当なエピソードを生み出す。これってどうなんですかね?

 

就活サイトを見ると、エピソードは盛ってもOK!

8を10にしても大丈夫!でも0を1にするのはやめようね!

みたいなことがたくさん書いてあって笑ってしまいます。

0を1にしてはいけない理由は単にボロがでやすいかららしいです。自分を騙しきれないからなんですね。決して完全な嘘をついてはいけないという道徳的理由ではありません。

 

以上のことを考えると、就活って矛盾ばかりですよね。

この矛盾に疑問を持つ奴は社会不適合者なんでしょう。二重思考を使えてないということなので。

自分の過去をできる限り美化して伝える。過去は改変可能。自分の過去は基本的に誰にも証明できないから。

 

これって「1984年」ですよね。

 

つまり就活にはイングソックの思想が不可避なんです。
就活に必要なのは矛盾に疑問を挟まないこと、過去を美化すること。
二重思考を完璧に取得できる人が日本企業の就職活動に必要なんです。

 

 

寝る前のスマホは百害あって一利なし

僕は普段、寝る前に本を読むことが多いです。スマホをいじったとしてもちょっとLINEの確認とかTwitterのTLを見るぐらい。長くても1分くらいしか寝る前にスマホをいじりません。

 

でも、昨日は寝る前に1時間くらいスマホをいじってしまったんですよ。

昨日は1:00くらいに就寝しました。そして8:00くらいに起きました。
僕の普段の睡眠時間は7〜8時間くらいなので、睡眠時間的にはいつもと変わりません。普段は1:00就寝、8:00起床はちょうどいい感じで起きられるんですが、今日は起きたとき、とても眠かったんですよ。4時間くらいしか寝てないんじゃないかってくらい眠かったんです。
だから二度寝してしまいました。結局起きたのは10:30くらいという有様です。

二度寝から目覚めた後もあまり頭が動いてない感じでした。午前中は何もできないくらいやる気が出なかったです。

 

良く眠れなかったか原因はスマホにあります。スマホは液晶からブルーライトとかいう光を出しているらしいですよね。それが脳を目覚めさせてしまうみたいです。一応スマホブルーライトカットの設定にしているんですが、やっぱりある程度のブルーライトは出ているみたいです。

 

結局寝る前1時間のスマホのせいで今日の午前中4時間を失ってしまいました。

 

今日わかったことは寝る前のスマホは百害あって一利なしということです。

 

今日から寝る前はスマホを絶対いじらないということを徹底して良い睡眠を取れるように心がけていきます。